大人気ドラマ、日本ドラマ DVD-BOX

人気DVD特価セール中!全品配送無料。http://www.dvdsjp.com/

チャン?グンソクが4か月日本留学 ファンミも開催



最近映画3本とドラマ2本に相次ぎ出演するなど多忙を極めている韓国俳優のチャン?グンソクが、休息とリフレッシュを兼ね、今月末から日本で4か月間、日本語学校に通う。



また29日には大阪の堂島リバーフォーラム、30日には東京の大田区民ホール?アプリコでそれぞれファンミーティングを開く予定だ。



2400人のファンの前で、これまで培った歌の実力はもちろん、トランペットの演奏やテクトニックダンスを披露する。



チャン?グンソクは2006年に日本映画『琅邪榜 dvd』に出演したほか、ドラマ『琅邪榜』『黄真尹』などを通じ日本で知名度を高めた。



2月に東京で行った初のファンミーティングには1500人のファンが集まった。



また、最近主演した話題のドラマ『琅邪榜』が12月から日本でも放映予定となっており、チャン?グンソクの人気はさらに高まりそうだ。



特に、同ドラマの挿入曲『宮廷女官 若曦 dvd』をチャン?グンソクが歌い日本版オリジナルサウンドトラックに収録するなど、歌手としての魅力も披露される。


<私たち結婚しました>シネ&アレックスが番組を降板…“悲しい別れ”

甘い新婚生活を披露し、女性ファンの心を掴んだ歌手アレックス&女優シネカップルが視聴者に別れを告げる。


MBCバラエティー番組<日曜日 日曜日の夜に>の人気コーナー<私たち結婚しました>で愛情溢れる仮想夫婦として結婚生活を送っていたアレックスとシネが、11月初旬に最後の撮影を行い、番組を降板することが決定した。


“変化”を求める制作陣の考えと、歌や演技への集中を決めたアレックス&シネの意志が合わさり、今回の決定へと至った。


制作スタッフは「11月初旬に最後の撮影を計画しており、同月中旬まで2人の姿が放送される予定だ。


アレックスとシネの最後の姿をどのように描くか、様々なアイディアを元に検討している」と明らかにした。


アレックスとシネは<私たち結婚しました>へ初めて登場した3月から2人で呼吸を合わせていた。


争いが絶えない他のカップルとは異なり、2人はスタートから息の合った姿を見せ、視聴者の視線を集めてきた。


特に、このコーナーを通してアレックスの人気が急上昇し、アルバム作業のために5月から約1か月の間出演を中断した際には、視聴者の間で“復帰運動”が起こったほどだ。


視聴者からの熱い要望によって再び登場すると、2人が放送中に訪れたソウル南山(ナムサン)のルーフテラスは恋人たちのデートコースになるなど、人気を集めた。


また<私たち結婚しました>の人気によってアレックス、シネも幸運を掴んだ。


アレックスは<私たち結婚しました>への出演中、シングルアルバム『きみはペットdvd』とソロアルバム『君なら』を発表し人気を博した。


シネはKBS時代劇『太陽の末裔 dvd box 』へキャスティングされ、3年ぶりに本業である演技を再開することとなった。


しかし、仮想の結婚生活を描く番組の特性上、回が進むにつれて制作スタッフと出演者全員が“限界”にぶつかることもあった。


特に育児日記は、趣旨とは異なり一部で“児童虐待”という議論が巻き起こるようになり、制作スタッフが屈辱を味わうことになってしまったのだ。


アレックスとシネの降板により、ソ?イニョン&クラウンJが<私たち結婚しました>の“長寿カップル”となる予定。


この2人と一緒に放送をスタートさせたチョン?ヒョンドン&サオリ、アンディ&ソルビカップルは既に番組を卒業しているため、ソ?イニョン&クラウンJが粘り強くその席を位置を守っている。


制作スタッフは「新たなカップルを登場させるか、または現在の4カップルで進めていくか、現在は検討中である。


毎週、小さな変化を見せながら楽しみを提供するためにも、アレックス&シネの卒業は<私たち結婚しました>の新たなスタートになるだろう」と語った。



新ドラマ『ニューハート』 胸部外科医たちが生きる姿を描く



12日からスタートするMBCドラマ『ニューハート』でストレートに描く


「無関心な胸部外科を助けよう! 」来たる12月に初回放送を控えているMBC新水木ドラマ『ニューハート』(脚本:ファン・ウンギョン/演出:パク・ホンギュン)が、忌避学科に墜落した胸部外科にスポットを当てる。


4日にソウル・黒石洞(フクソクドン)中央大病院で行われた『ニューハート』の制作発表会で、このドラマの演出を務めるパク・ホンギュンPDは「大学病院の胸部外科を背景に、その場所で働く人々の生々しいストーリーをストレートに描こうと思う。


10年前にしてみても、心臓の移植手術などで胸部外科は常勝疾走していたが、現在は専攻者を指で数えられるくらい、忌避学科になった」と明かした。


偶然なのかこの日午前には、来年度のレジデント(研修医)募集で胸部外科が募集人数に達しなかったというニュースが報道された。


実際に2008年度レジデント募集結果を見ると、ソウルの主要大学病院の胸部外科と外科は募集人数が達しておらず、ソウル市内8か所の主要修練病院の成績上位10位圏のインターン80人余りの内、胸部外科の支援者は1人もいなかった。


『ニューハート』はこのような点に着目し、胸部外科がおかれている現実を描く。


今年メディカルドラマのジャンル化に成功した『白い巨塔』が、医学会の政治的暗闘を描き、『外科医ポン・ダルヒ』が医者としての成長を見せたとしたら。


『ニューハート』は視線さえも向けられない胸部外科のおかれている現実に、メスを入れるhttp://www.dvdsjp.com


パクPDは「我々のドラマを通じて、視聴者たちが胸部外科だけでなく、大変な思いをして働く医師と医療システム全体に関心を持ってくれたら嬉しい」と伝えた。


『太王四神記』の後続ドラマである『ニューハート』は、ある大学病院の胸部外科の科長チョ・ジェヒョンと共に働く研修医チソン、キム・ミンジョンなどが出演し。


苦悩と成長などを披露する予定だ。